明 徳 寺 (位置図)
 


浄土真宗の寺院で、慶長19年(1614)に本願寺教如上人から「明徳寺」の
寺額を受けたことが寺名の由来になっています。本尊の阿弥陀如来立像は鎌
倉時代後期のもので、国の重要文化財に指定されています。       
                     出典:西宮観光ガイドマップ