山    (かぶとやま)

    
 

▼甲山は、西宮市のシンボル的な存在の自然景観です。阪急電車やJRで、外の景色を楽しみながら電車に揺られてい
ると北側の窓に非常に特徴的な、あの丸いお碗を伏せたような小ぶりの山が見えてきます。これほどまでに稜線が丸い
山は、類まれなものと思われます(学問的な考察がこのページの後半に出てきます)。上の写真は夙川の源流が発する
ところの「北山貯水池」です。この右側にパンすれば、下の写真(右側)のように甲山を間近に見ることが出来ます。

      

▼麓(ふもと)には、神呪寺(かんのうじ)があり、その横手からも、甲山に登ることが出来ます。所要時間は、神呪
寺からは、ほんの20分ほどです。下に広がる西宮市街を見ながらだらだらとした折曲がった道を登って、頂上に着く
と、そこは小さな広場になっています。下の写真はこの「甲山」の頂上の模様で、国土地理院の「二等三角点」がここ
にあります。                                               

    

▼景観は、わずかに東側に、尼崎市、西宮市の東部、宝塚市が見えるだけで、それ以外は木立に囲まれていて、下界の
姿を見ることは出来ません。けれど、ハイキング日和の日には、大勢の人たちがこの甲山を目指し、そのすぐ麓(ふも
と)にある、県立森林植物園での楽しい時間を織り交ぜながら、自然の中での一日を過ごします。頂上にはご覧のよう
な一寸した広場がありお弁当を広げる事も可能です。あなたも、1度は是非お楽しみ下さい。なお、ここでご案内した
神呪寺(かんのうじ)への、最寄の鉄道駅は、阪急電車の甲陽園駅です。駅から甲山頂上までは、ゆっくり歩いて大人
の足で約90分と言うところでしょうか。                                  

解説甲山

西宮市歌