片 鉾 橋
 
▼この橋は、夙川に架かる橋の中でも、唯一、路面が鉄製の橋です。端の両サイドの道路が、一般道路でなく、歩
行者や自転車のみが通る道路であるため、端の幅は約4メートルもある割には、通行量は少なく、通る人はゆっく


 
   
 
ゆっくりと歩ける橋です。しかし、鉄製であるため、日ごろ慣れない路面仕様であり、歩きにくいのが少し気にな
ります。特に、雨の日に、自転車で渡るには、非常に危険だと言わざるを得ないでしょう。橋の西側には、公民館
があるのと、阪急電車の夙川駅への通勤、通学路にもなっているため、時間帯によればかなりの人々が利用する橋
ですか、もう少し安全のための配慮があっても良いのではないでしょうか。                 
▼上の写真のうち、下段右側はこの橋のすぐ西側にある池の様子で、この噴水の右側には公民館があります。この
橋の、少し(約 40〜50m)南側に、初代の片鉾橋が架けられ、阪神大震災の前までは、古びた橋ながら、それなり
の風情をかもし出していました。震災のために壊れてしまい、今はその痕跡を僅かに現場で確認することが出来ま
す。この初代の橋については、「壊れた片鉾橋」として、別に掲載しましたからここをクリックして下さい。   

 
なお、橋の位置図はこちらにあります。