北 夙 川 橋
    
 

▼神戸方面から車できて芦屋市の岩園トンネルを経て、宝塚市や六甲山の方へ行くときに通る、夙川学院
そばの橋がこの橋です。阪神大震災では橋の両側の道路が約5センチ落ち込み、車は徐行をしなければ、
大変な衝撃を受けるという状態になりました。                          
▼暫くして、橋の手直しに掛かりましたが、全面的な架け替えはせず、先ほどの段差のところに、アスフ
ァルトを入れて急場をしのぐこととなりました。あれからもう5年が経過しますが、今もそのままで、車
はスピードを上げていると、少し衝撃を感じる状態が続いています。 橋としての特徴は何もありません
が、写真でお分かりのように、少し時代がかったランプが僅かに橋の存在をアピールしようとしている風
に思えます。                                         
▼夜になると、このランプに灯がともるのですが、その灯がうっすらとほのかなものですから、何故か昔
の時間に戻る気分になります。                                 

 

想い出の中の「北夙川橋」  橋のある風景

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

なお、橋の位置図はこちらです。また、この橋は、「都市計画道路 山手線」を構成しているのですが、
この橋の東の方で、「阪急電車甲陽線地下化」の事業の計画がありますから、その概要を「橋の東シリー
ズ」として別途掲載しています。興味のおありの方は、どうぞここからお入り下さい。