平成11年8月23日

11年の夏の供用開始

▼山手幹線の工事は、その後も営々と続けられ、今は供用開始直前の最後の仕上げに入っています。下の左側の

写真は、尼崎方面から山手幹線を走ってきた車が、国道171号線にぶつかる交差点の様子です。交差点の前方

に現在工事中の道路が見えます。この交差点を超えて、同じ方向を望んだのが、右側の写真です。さらに前方の

道路(南北の道路、建石線)の整備状況がまだ十分でないため、この交差点から西へは、1車線で車を流すよう

です。地元の人に聞きますと、この9月1日に供用が開始されると言うことです。             


      

▼下の2枚の写真はいずれも、この度供用開始される運びとなった、新しい山手幹線の途中の様子をお伝えするも

のです。左側の写真は、上の写真でご説明した交差点から、少し西へと歩いた地点の様子で、特徴のある街灯が

整備されているのが分かります。そして、下の右側の写真は、さらに西へと歩き、今度は、東側を望んだ模様で

す。中央には高さが1mはあろうかと言う中央分離帯があり、道路の両側には、必要の度合いに応じて、と思われ

る透明版の防音壁が、設置されています。一般県道でありながら、これだけの、高規格な設計を実現したことに

感心をせざるを得ません。                                      


      

▼さて次に、この度供用開始する道路の、西の端部分を見てみましょう。下の左側の写真は、工事中の山手幹線を

を西から東方向に望んだものです。右側の写真は、同じ交差点から南北の道路(建石線)を南方向に臨んだもので

す。現在、まだ拡幅の工事中で、片側1車線しかありません。                       
   
▼この交差点から、夙川にかかる羽衣橋までは、ほんの300mくらいだと思われますが、この交差点の地盤面より、

羽衣橋の路盤はかなり高くなっていますので、橋梁を造るなど、相当大掛かりな工事が予想されます。     

 

お願い:写真のうち @最上段左、A最下段左の写真に約10秒間マウスカーソルを乗せてね!