「橋の東シリーズ」 羽衣橋編 −山手幹線−

▼山手幹線の一部として完成した羽衣橋の東側は、平成15年7月まで道がありませんでした。下の
右側の写真は、その当時の羽衣橋を橋の西側から望んだものです。現在では、これより東の山手幹線
はすべて完成しており、大阪・兵庫の府県橋まで走ることが出来ます。下の左側の写真は、羽衣橋の
西約300mのとろから、西の方(芦屋市の方)を望んだものです。(ここに見えるのは、西宮市と
芦屋市との市境ではありません。このページの下部に掲げた、地図でも明らかなように、ここから市
境までは、まだ600m程あります。)芦屋市まで繋がれば神戸への交通が大層便利になるのです。

       

▼羽衣橋から少し(約500m)、東側では以前(平成11年8月まで)、山手幹線道路の工事をし
ていました。下の左の写真は、その当時そこを東から西方向に撮ったものです。前方のひときは高い
ビルが、夙川グリーンタウンのビルで、このビルの直ぐ北側を、山手幹線が 走っているのです。下
の右側の写真は、工事の当時、山手幹線上から、西を見たもので、突き当たりの所は、国道171号
が南北に走っています。その向こうの山手幹線が未完成であった為、このようにT字路になっている
のです。                                         

       

▼この下の写真は、いずれも山手幹線から東の尼崎市方面を望んだものです。左側の写真の、中央少
し右上に矢印(右を指示している)がありますが、その矢印は、右の写真にもあざやかに見て取るこ
とができます。向こうのマンションは、尼崎市にあるものです。その間は川幅約300mの武庫川な
のです。                                         
▼武庫川に架かる「橋(山手幹線)」の工事の状況を報告していますから、ここからどうぞ。   

       

▼お分かりのことと思いますが、下の地図の、ほぼ中央を東西に走っている(「ダイエー」の直ぐ北
「西宮署」の直ぐ北、「瓦木支所」の直ぐ南)のが「山手幹線」です。             

  山手幹線の解説

▼さて、そも、「山手幹線」は、戦後直ぐの昭和21年 5月 6日に、都市計画決定された、兵庫県における基幹道
路で、起点は尼崎市戸の内町1丁目地先、終点は神戸市長田区四番町七丁目地先に至る、総延長29,569mの計画
道路であります。                                             
尼崎市分は、総延長 7,540m(起点:尼崎市戸の内町一丁目地先、終点:尼崎市南武庫之荘一丁目地先)で、

供用済み進捗率は、100%、西宮市分は、総延長 5,450m(起点:西宮市松波町地先、終点:西宮市大谷町

地先)で、供用済み進捗率は 88.9%、芦屋市分は、総延長 2,369m(起点:芦屋市緑が丘町地先、終点

:芦屋市三条町地先)で、供用済み進捗率は、40.1%、神戸市分は、総延長14,210 m(起点:神戸市東灘

区本山町森神岡町地先、 終点:神戸市長田区四番町七丁目地先)で、供用済み進捗率は100.0%であります。 

従って、山手幹線全体の供用済み進捗率は、93.2%(H19.1現在)です。                
▼時が下り、平成20年3月30日までに、山手幹線は、夙川駅の西300mの所から芦屋市宮川付近までが全部繋がり

未開通区間は芦屋川トンネル工事部分、距離約340mのみとなりました。これで、兵庫県内山手幹線の供用済み進捗

率は98.9%(平成20年3月31日現在)です。                              


****************************************

▼現在(平成19年1月)では、西宮市内で未完成なのは、別途ご報告している「松風町等部分」(夙川の西約300
mのところから、芦屋市境まで)のみとなっています。平成11年夏に漸く開通した、建石線から国道171号線まで
700mの工事の様子について、興味のある方はここからお入り下さい。                   
▼芦屋川の下を山手幹線が通るのですが、芦屋市に取材(平成19年1月)したところ、このトンネル工事の完成は平成
22年3月、その測道工事の完成は平成23年3月の予定です。                        
▼今は完成している、武庫川に架かる橋(山手幹線)の工事の様子については、別にご報告していますのでここからお
入り下さい。武庫川の中央が西宮・尼崎両市の市境になっているため、この橋の工事に関しては両市が協議を重ねた、
と聞いております。                                              

 

****************************************

▼少しく余談とはなりますが、「山手幹線『神戸市から芦屋市境を観る』」のページを掲載しましたのでここからどうぞ。

****************************************

芦屋市内の工事の状況について、少しご案内していますから ここからお入り下さい。               

 
 
 

山手幹線の防音壁について
 

▼山手幹線の「171号線〜建石線の間」および「武庫川の直ぐ西側」には、立派な防音壁が設置されています。近頃
(平成13年1月中旬)、当サイトの掲示板でこの防音壁について、その設置にいたる経緯等に関するご発言がありま
したので、すこしくご説明を加えさせていただきます                             
▼防音壁は、都市計画用途地域の「住居系地域」について、時代的背景もあって順次設置を検討しており、費用的には
「街路事業」の中で賄っている(従って、国の補助事業に採択されている場合、この防音壁についても補助金を受けて
いる)とのことでした。・・・これは西宮市道路建設課に取材したものです。                  
▼国道43号線を除けば、神戸市域や尼崎市域では、おそらくまだ、どこにも設置されているところはなく、そうした
意味で、これは画期的なことと言えるものでしょう。                             

 



Top  羽衣橋

           (このページの写真は全て阪神大震災からまる4年目の平成11年1月17日に撮影したものです。)